大西輝門 とは

大西輝門、徳永暁人、熊谷徳明、XL

アーティスト 大西輝門

大西輝門がヴォーカルとして活躍していたロックバンドXLとは・・・

 

XLは、Vocal 大西輝門、Bass&Prog 徳永暁人、Drums 熊谷徳明(noriaki)の3人で結成したバンドです。XLは、デジタルサウンドを基調にしたところにテクニカルなベースやドラムが合わさる、テクノよりのサウンド。そうしたサウンド大西輝門の一種独特なハイトーンヴォイスが重なり、音楽上の遊び心すら感じられる何でもありのハイテンションなノリが生み出されています。

 

ストレートなポップスのメロディーにコンピューターサウンドが鳴り響き、テクノやロックなどがない交ぜになった自由奔放な楽曲で、何でもありの1990年代の音楽シーンを体現したバンドだったといってもいいでしょう。

 

XLのベースとプログラミングを担当した徳永暁人は、バンドの活動を休止したあと、3人組男性バンド「doa」のリーダーとして、Vocal、Bassなどを担当しています。また、自身のバンド活動だけでなく、他のミュージシャンのサポートメンバーとしても名高く、B’zのベース編曲なども徳永暁人の仕事のひとつ。さらに、ZARD「永遠」や倉木麻衣の「Feel fine!」の作・編曲、MISIAの「恋唄」や「Don’t stop music」などの編曲をサポートし、作曲家としても活躍している多才の人です。コーラスとして参加している曲も多数あり、クレジットに名前を発見することも多いでしょう。

 

XLのドラムを担当した熊谷徳明(noriaki)はもともと、「カシオペア」のドラムを担当していました。バークリー音楽大学を卒業した実力派ドラマーとして名を馳せ、現在では、フュージョンバンド「TRIX」のリーダーとして活躍しています。

 

XLはZAIN RECORDSから、1998年4月29日にフルアルバム「XL」を発表して、デビューを飾りました。デビューがアルバムという異例のかたちではありましたが、エネルギーや若さにあふれた作品として人気を集めることになりました。