大西輝門 とは

大西輝門、徳永暁人、熊谷徳明、XL

大西てるかど

★ ファースト・シングル「O・K!」now on sale!!
 ファースト・シングル「O・K!」( ZACL-3002 / ZAIN RECORDS)が'98年7月にリリースされました。 この曲は、メンバーの勢いのある大きな歌声から始まる、かなりパワフルなナンバーです。そして、彼らのシングルCDは通常の8cmではなく、12cmの大型版。CDサイズまで“XL”になっています。また、収録曲は他に「みちばた」、「XLのテーマ(EXTRA LONG SIZE)」の計3曲収録になっています。

 

■XL are...
大西輝門(Ohnishi Terukado)

:Vo,G

徳永暁人(Tokunaga Akihito)

:B,Prog.

noriaki

:Dr


■What's "XL"?
 90年代に入り、音楽シーンは様々なサウンド・ファクターが増殖し、ジャンルの細分化が繰り返されてきました。ロックと一口に言っても、グランジ、ビジュアル系など、音楽はよりコアな方向へ向かい始めています。ですが、今までの流れを拡大解釈したものが多く、本当の意味で新しいアーティストの登場を目にすることがなかったのです。
 そんな時代に、90年代の音楽を集約したようなグループが、ついに登場しました。そのバンドがこのXL。メンバーは、大西輝門(おおにし てるかど)(vo,g)、徳永暁人(とくなが あきひと)(b,prog)、noriaki(ds)で構成され、その彼らのデビュー作『XL』が4月29日リリースされましたが、そのサウンドが半端じゃない! 大西のハイトーン・ヴォイスにのるストレートな詞に、ドラムン・ベース、ポップ、ファンク、エレ・ポップ…と、様々な音要素が感覚的にぶつかり合い、それによって巨大なエネルギーがスパーク。全員で作詞・作曲・アレンジを行っていることからも、クリエイティヴ・ユニットと言えるのではないでしょうか。それはまるで、新しいカテゴリーを築き上げたTHE BEATLESKRAFTWERKなどの、偉大なグループを連想させます。きっと彼らが編み出すニュー・グルーヴに、未知なる可能性を感じるはず!

てるかど

てるかどは、「Terukado(てるかど)」もしくは「輝門(てるかど)」と名乗るようになります。ヴォーカリストとしての役割は「XL」で封印したのか、「Terukado」「輝門」名義では、作曲家・作詞家・プロデューサーとして活躍することに。

輝門の提供した楽曲の中でもよく知られているのが、2003年の愛内里菜の「FULL JUMP」です。

大西輝門(おおにし てるかど) XLのテーマ

 ・ファースト・シングル「O・K!」
ファースト・シングル「O・K!」( ZACL-3002 / ZAIN RECORDS)が'98年7月にリリース。

この曲は、メンバーの勢いのある大きな歌声から始まる、かなりパワフルなナンバー。

 

そして、彼らのシングルCDは通常の8cmではなく、12cmの大型版。

 

CDサイズまで“XL”になっています。

また、収録曲は他に「みちばた」、「XLのテーマ(EXTRA LONG SIZE)」の計3曲収録になっています。

大西輝門 愛内里菜

youtu.be

 

作詞:愛内里菜 作曲:輝門 編曲:三輪緑

 

「FULL JUMP」愛内里菜の13作目のシングル。

野球中継のテーマソングであったこともあり、当時読売ジャイアンツの選手であった二岡智宏とのデュエットバージョンも存在する。

この楽曲で愛内里菜は2003年の『NHK紅白歌合戦』(第54回)に初出場、巨大で派手な衣装で登場した。発表順番は3組目で、対戦相手は同じく2003年初出場のEXILEの「Choo Choo TRAIN」だった。